PAINT YOUR HEART BLACK vol.2

私の好きな曲 Paint It, Black - The Rolling Stonesベトナム戦争から感応された曲とされている。
ベトナム戦争とは 1965-1975年に起こった 共産主義であるソ連と資本主義であるアメリカをバックボーンに勃発した、ベトナムの独立と統一を巡る争いである。
 
共産主義・・・財産の一部または全てを共同所有することで平等な社会を目指す
資本主義・・・生産手段を私有する資本家が、生産手段を持たない労働者の労働力を商品として買い取る商品主義を目指す
歌詞の一部には下記のような言葉がある。
I see my red door and must have it painted black
赤い扉を見ると 黒く塗り潰したくなる
赤い扉  はソビエト連邦の国旗を連想させる。
自己の意志とは関係なく 指令に従い戦ったとされるアメリカの軍人が、国家体制という 自分の所属する国のイデオロギーに左右され、短絡的な思想に陥った末の気迫なのだろうか。
私たちの掲げるUNBROKENのメッセージ 
〝PAINT YOUR HEART BLACK″
これは あなたの心を黒く塗り潰したいという 洗脳的な言葉ではなく、現にあなたの中に波及している物事を BLACKという全てを覆い隠せる色へ染めた上で
また新たに自分らしさを自分らしく色付けしてもらいたいという想いが込められている。
I wanna see the sun 
もう一度まともな太陽が見たい
by   The Rolling stones - Paint It Black

投稿順 新着順